とでんMission

手作り傘を
オーダーする

Toden Mission

#12

手作り傘を
オーダーする

雨傘や日傘が活躍するこれからの季節に、
持ち歩くのが楽しみになるような
自分だけの1本を手に入れてみませんか。

東京さくらトラム(都電荒川線)沿線で、傘を作り続けて60年以上になる清さん。表谷さんが作る洋傘は北区の名品にも認定されており、好きな生地や持ち手などが選べるオーダーメイド傘が人気です。生地や骨を持ち込むこともでき、数時間ほどで自分だけのオリジナルの1本に仕立ててくれます。今回は特別に尾花さんと古桜さんも傘作りを体験させてもらいながら、用意したお気に入りの生地で雨傘を作ってもらいました。

傘はおしゃれのアクセントになる大切なファッションアイテムのひとつ。残った生地で手提げやスカーフなどの小物を作ったり、親子でお揃いの傘をもつなど、こだわりの詰まったオーダーメイド傘をきっかけに、おしゃれの幅が広がりそうです。

傘の匠の表谷清さん。通常、傘作りの製作体験は行っていませんが、今回は特別に技を伝授してもらいます。


尾花さんと古桜さんが持ち込んだのは、撥水性のあるバタフライ柄のナイロン生地と裏がストライプ柄のデニム生地。


生地を裁断。持ち込みの場合、生地は普通幅(110cm)かシングル幅(90cm)を1m用意しよう。


足踏みミシンで、裁断した生地の両端を「三つ巻き縫い」に。傘作りも足踏みミシンも初めての2人は興味津々。


細部にこだわりを込めて
世界でひとつだけの傘を

三角に裁断した生地をミシンで縫い合わせる「中縫い」や、生地と骨を糸で留める「中とじ」にチャレンジ。


雨露が落ちる先端部分の「露先」などのパーツを取り付け、最後に専用ボンドで「持ち手」を付けたら完成。

出来上がったのは長さ60cmの雨傘で、加工料と骨や持ち手代などを含めて1本7,000〜8,000円。デニム生地の古桜さんは防水加工もしてもらいました。

1本1本手作業で仕立てる

丸清洋傘加工所

四角い傘や変形傘など、どんなオーダーも可能。日傘であれば、着物や浴衣、手拭いなどからも仕立ててくれる。表谷さんの作る傘は丈夫で長持ちするのが特徴だが、万が一壊れた場合は無料で修理してくれるなどアフターケアも万全。

住所
北区豊島2-6-3
電話番号
03-3919-1822
営業時間
9:00~19:00
休み
不定休
料金
洋傘加工料3,500円~ ※最大で2日預かりの場合あり
アクセス
王子駅前停留場より徒歩約10分

モデル/尾花みさと、古桜ミキ(共にABPinc.)
※価格はすべて税込み表記です。年末年始の休業については各施設にご確認ください。
※このページの情報は2019年05月01日時点の情報になります。営業時間等、最新情報は各店舗にご確認ください。

Toden News