とでんMission

雑司ヶ谷「手創り市」で
アートなアイテム探し

Toden Mission

#07

雑司ヶ谷「手創り市」で
アートなアイテム探し

鬼子母神堂で開催される「手創り市」には
作家こだわりの手作り作品がずらりと並びます。
個性的なアイテムを探しにでかけてみましょう。

毎月1回、雑司ヶ谷で開かれる「手創り市」。会場の鬼子母神堂と大鳥神社には、合わせて約200の展示・販売ブースが並びます。作品は食器類、アクセサリー、小物、インテリアなど多岐にわたりますが、どれも手作りの1点ものばかり。

作家とお客さんとの距離が近く、会話を楽しみながら買い物ができるのも手創り市の良いところ。尾花さんと古桜さんも早速会場内を散策。「これはどういう作品ですか」「どんなふうに使いますか」「このデザインはどこから思いついたのですか」など、作家さんへ質問して会話を楽しんだり、作品を手にとって眺めたりしていました。

会場を巡りながら、様々な作品を見て、作家さんの話に耳を傾けた二人。それぞれお気に入りを見つけたようです。

出展者は関東近郊から集まり、小物、インテリア雑貨、洋服、食器類など、個性的なデザインの作品が集合する。


本職が半纏の藍染という相澤択哉さんのブースでは、コースターなどの小物を中心に販売。染物について熱心に説明してくれました。


真鍮のカトラリーなどを販売する石川智美さんのブース。暮らしの中で使えるものを中心に創作しているとか。おしゃれな食器を使えば食事も楽しくなりそう。


オリジナリティあふれる作品に
アートな感覚が刺激されそう

商品の用途やデザインのコンセプトなど、出展者にいろいろ聞いてみよう。すべて一点ものなので、気に入ったら即購入がおすすめ。

「たくさんのお店が並んでいてびっくり。素敵な作品もいっぱいでした」。尾花さんも古桜さんも撮影を忘れるくらい楽しみながらお買い物ができたようです。

クオリティの高い作品が並ぶ

雑司ヶ谷「手創り市」

毎月第3日曜を基本に開催する青空市。主催者の名倉哲さんが、作家たちに作品展示・販売の場を提供したいと2006年10月からスタート。運営事務局が選んだ作家の作品は独創的で、質の良いものがそろうと利用者の評判も高い。

住所
豊島区雑司が谷3-15-20
電話番号
03-3956-2254(手創り市事務局)
営業時間
9:00~16:00(月1回開催、詳細はHPでご確認ください)
アクセス
鬼子母神前停留場より徒歩約7分
HP
http://www.tezukuriichi.com/home.html

モデル/尾花みさと、古桜ミキ(共にABPinc.)
※価格はすべて税込み表記です。年末年始の休業については各施設にご確認ください。
※このページの情報は2018年07月01日時点の情報になります。営業時間等、最新情報は各店舗にご確認ください。

Toden News