荒川線に乗って遊びに行こう!!

「ケーキ型」で100歳お祝い 荒川線に復活の花電車

33年ぶりに都電荒川線に復活する花電車の運行イメージ図が12日、東京都交通局から発表された。都営交通百周年の記念事業で、都電の百歳を祝う「バースデーケーキ型」となる。

 運行は、来月1日と10、16、23、30各日。三ノ輪橋-早稲田間を、昼間と夜間にそれぞれ一往復する予定。使用車体は老朽化した7500形を改装した「花100形」。座席や側壁を取り払い、白を基調とした車体に赤いリボンがデザインされている。客席があった場所にバースデーケーキの装飾をして、ろうそくの部分は夜になると明かりがともるという。

 花電車は、憲法施行記念や皇太子殿下(現・天皇陛下)のご成婚祝いなどの慶事の際に運行されたが、荒川線が完全ワンマン化したのを記念した1978年4月を最後に、運行されていなかった。

 都交通局は花電車の運行を記念し、5,000枚限定で特製の一日乗車券も発売。今月28日に荒川電車営業所(「荒川車庫前」近く)と、大塚駅前や王子駅前など都電定期券発売所4所で販売を始める。大人400円、小児200円。

(9月13日東京新聞朝刊)2011091399094249100周年花電車.jpg

最新の荒川線ニュース
新宿区 豊島区 北区 荒川区 東京都交通局