荒川線に乗って遊びに行こう!!

都電×阪堺線 100周年記念オリジナルヘッドマーク掲出!

東京都交通局と阪堺電車(阪堺線)は、ともに今年100周年を迎えます。

東京都交通局(東京都新宿区)と南海グループ(大阪市中央区〔南海電鉄〕)は、東京タワーと通天閣(設計者が同じ兄弟タワー)、浅草寺と住吉大社など、全国的に有名な観光名所や寺社仏閣が沿線にあることや、ともに都心から空港へのアクセスを担っていること、路面電車(都電荒川線・阪堺電車)を運行していることなど、多くの共通点を有しています。そのため、平成20年から、お互いの路線の沿線を紹介するパンフレットやポスターを作成するなど、共同での旅客誘致活動を継続して実施しています。昨年は「PR相互乗り入れ 第1弾」として、都電荒川線・阪堺線の車両各1両を互いのカラーに塗り替えて運行しました。

そしてこのたび、「PR相互乗り入れ 第2弾」として、都電荒川線と阪堺線沿線のさらなる活性化と100周年のPRを目的に、両路線の車両にオリジナルヘッドマークを掲出します。

そのほか、三社局のエリアにおいて、各沿線の魅力と企画乗車券のPRを目的としたキャンペーンを展開するとともに、沿線を紹介する個性的なパンフレットを作成し、東京から大阪へ、大阪から東京への旅客誘致を図ります。

また、今年は年間を通して様々なコラボ企画を実施していく予定です。(詳細については決定次第発表します。)

共同PRについて、詳しくは以下をご覧ください。

news1.gif

東京都交通局と南海電鉄・阪堺電車の共同PRについて

1.オリジナルヘッドマークの掲出について

都電荒川線および阪堺電車の車両各1両に、各路線の100周年を記念したヘッドマーク を掲出して運行します。

(1)ヘッドマーク掲出車両
  1. 都電荒川線 8800形
  2. 阪堺電車 502号車(昨年の「PR相互乗り入れ第1弾」で塗り替えた車両)

※車両運用の都合で、当該車両が運行しない日があります。またヘッドマーク掲出車両を変更する場合があります。

(2)運行期間

平成23年6月12日(日)から12月末頃まで

(3)その他

東京都交通局および阪堺電車の「路面電車の日」イベントで「都電×阪堺線100周年記念オリジナルヘッドマーク」をお披露目します。

※「路面電車の日」のイベントの詳細は、両社局から別途お知らせいたします。
(阪堺電気軌道では5月23日(月)にお知らせしています)

2.その他の共同PRについて
(1)車内吊りポスターの掲出(B3ポスター)

各社局が発売している企画乗車券を紹介するコラボレーションポスターを作成し、
それぞれの電車内に掲出します。

  1. 大阪出張きっぷと東京トラベル1DAYパス(7月10日(日)から)
  2. 堺・住吉まん福チケットと都営まるごときっぷ(9月頃予定)
(2)東京都交通局、南海電鉄、阪堺電車の沿線PRパンフレットの配布

7月10日(日)から、阪堺電車と都電荒川線を中心に三社局の沿線の魅力をPRするパンフレットを配布します。

なお、パンフレット内のアンケートにお答えいただいた方から抽選で、三社局のオリジナルグッズをプレゼントします。

  1. 配布箇所:
    • 都営地下鉄各駅(押上、目黒、白金台、白金高輪、新宿線新宿を除く)
    • 荒川電車営業所
    • 日暮里・舎人ライナー日暮里駅
    • 南海電鉄各駅
    • 阪堺電車主要駅
  2. サイズ等:A4版16ページ
  3. 発行部数:東京都交通局10万部、南海電鉄2万部、阪堺電車5千部

【お問い合わせ先】

東京都交通局 電車部営業課: 03-5320-6076
    

最新の荒川線ニュース
新宿区 豊島区 北区 荒川区 東京都交通局